ダンベルで筋トレ

筋トレでよく使われるのがダンベルです。ダンベルは鉄アレイも呼ばれ、手に持って負荷を与えながら筋トレをしたり、ダイエットグッズとしても使われています。

様々な素材があって、一般的な金属製や水を入れるタイプもあり、重さも500gのような軽いものから、20〜30sのようなハードなトレーニングにも対応できる重さまで選べます。また、重りを組み替えて重さを変えられるタイプもあって、筋トレでどれほどのトレーニングメニューの内容によって重さを変えていくことも出来ます。大きさもコンパクトですので、自宅でのトレーニングに愛用する方がたくさんいます。

ダンベルは、腕や胸、肩、背中などを鍛えるのにピッタリなトレーニング器具です。よく行われるのが、ダンベルを左右の手に持って頭上に持ち上げて戻す動きです。これはダンベルプレスと呼ばれ、三角巾や上腕三頭筋を鍛えるのに適しているとされます。

それから大胸筋を刺激する、ベンチにあお向けになってダンベルを上げ下げするダンベルフライもよく行われているようです。

ダンベル運動はダイエット効果があることからも注目されています。筋トレは無酸素運動が多いため、本来ならダイエットには有効性が低いといわれていたのですが、短時間のダンベル運動なら痩せる効果が得られることが分かったせいか、ダンベルダイエットは話題になり、メリハリボディを作りあげるのに良い方法とされています。

細かな筋肉を鍛えるのにピッタリだともいわれているダンベルで、筋トレを行ってみてはいかがでしょう。
posted by ダンベル at 19:00 | ダンベル体操