くびれを作るダンベル体操

少しでも気を抜くと、くびれの無いウエストになってしまったという経験は有りませんか。
女性は特に内臓や子宮を守るために、お腹や腰周りに脂肪が付きやすくなっています。

だからと言ってそのままくびれの無い体型ではいられません。

ウエストのくびれを作るために、エクササイズを行いましょう。

部分的に効果を発揮するのが、ダンベル体操です。

ダンベル体操は、脂肪が燃焼しやすい体を作ってくれるので、ウエストのくびれだけでなく、全身の余分な脂肪を燃やして、理想のボディラインを作ることが可能です。

全身の筋肉を鍛えることが出来ると、眠っている間でも脂肪を燃焼させる体になるので、効率的なダイエットが出来ると言う事です。

ウエストのくびれを作るダンベル体操は、上半身を左右に傾けたりねじる運動です。

ダンベルを用意できないときは、代用品としてペットボトルに水を入れて使ってみましょう。

わき腹の外腹斜筋を鍛えることで、くびれを作ることができます。

まず、膝を緩めて肩幅に足を開いて立ちます。

片方の手でダンベルか代用のペットボトルを持ち手を下に垂らします。

反対の手で頭を支えて、ダンベルを持っている手の方に体を倒していきます。

このとき呼吸は止めないようにして、上半身が前に倒れないように気を付けましょう。

倒す時は反動を付けずにゆっくりと行って下さい。

片側15回ずつで、左右同じ要領で行います。

腰が痛くなったり違和感を感じた時は、運動を中止しましょう。

続けていると、個人差はありますが10日ほどすると、ウエストのくびれが現れてくるでしょう。
posted by ダンベル at 18:57 | ダンベル体操